住宅展示場の集客オンライン戦略9選!メール活用で集客率アップ

住宅展示場の集客オンライン戦略9選!メール活用で集客率アップ   のアイキャッチ画像

住宅展示場は、多くの人々に夢のマイホームを現実のものにするための大切なステージです。しかし、集客ができなければその役割を果たすことはできません。

以前は、住宅展示場の集客というとチラシを配ったりポストに投函するような、地道なオフライン施策が主流でした。

ただし、現代のデジタル時代において、オンラインでの集客は不可欠となっています。本記事では、住宅展示場の集客率を大幅にアップさせるための効果的なオンライン戦略を9つご紹介します。

Gmailガイドライン対応バナー
目次

効果的なオンライン集客方法9選

住宅展示会への集客は、ハウスメーカーや工務店にとって頭を悩ませる課題です。競合他社が多い中で、いかにして効果的な集客を行うかが成功の鍵となります。

ここでは、オンライン集客の効果的な方法を9つ詳しく解説します。

ホームページ

ホームページは、住宅展示場の集客において欠かせません。なぜなら、見込み客が最初に訪れる場所であり、そこでの印象が集客にも大きく影響するからです。

まず、魅力的なデザインを採用することで信頼感を与えましょう。ビジュアル要素を強化し、モデルハウスや展示場の写真を豊富に掲載することが効果的です。

次に、ユーザーが必要な情報を簡単に見つけられるように、わかりやすいメニュー構成とナビゲーションを設計しましょう。これにより、訪問者はストレスなく目的の情報にアクセスできるようになります。

さらに、施工事例、施主インタビュー、機能や安全性の紹介、イベント情報など、見込み客が興味を持つ情報を充実させることが重要です。幅広いコンテンツを提供することで、訪問者の関心を引き続けることができます。

最後に、お問い合わせフォームや来場予約システムを導入し、見込み客がスムーズに行動に移せるようにします。これにより、問い合わせや予約の増加が期待できます。

SEO対策

SEO対策は、検索エンジンの検索結果で上位に表示されるための施策です。

効果的なSEO対策を行うためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、キーワード選定が必要です。「地名 住宅展示場」や「地名 注文住宅」など、地域名を含むキーワードを選び、これらをホームページ内に戦略的に配置しましょう。

次に、コンテンツの充実が求められます。見込み客が求める情報を提供するために、ブログ記事やFAQページを作成し、キーワードを盛り込みながら情報を発信します。これにより、ユーザーが必要な情報にアクセスしやすくなります。

また、内部リンクの設定をしていきましょう。サイト内の関連ページをリンクでつなぎ、ユーザーが興味を持った情報にアクセスしやすくします。内部リンクは、ユーザーの利便性を高めるだけでなく、検索エンジンの評価を向上させる効果もあります。

さらにスマートフォンやタブレットでの見やすいデザインを導入し、モバイルユーザーにも快適な操作環境を提供しましょう。これらのポイントを押さえることで、効果的なSEO対策を実現し、検索エンジンの上位表示を目指すことができます。

オウンドメディア運営

オウンドメディアとは、自社が運営する情報発信サイトのことです。住宅展示場に関連する情報を発信し、見込み客の興味を引きつけるために、このメディアを活用しましょう。

見込み客が関心を持つテーマを取り上げた記事を作成することが大切です。例えば、「家づくり 知識」や「住宅ローンの選び方」などの情報は、多くの見込み客にとって非常に役立ちます。また、コンテンツを定期的に更新することで、常に新鮮な情報を提供し、リピーターを増やすことができます。

さらに、記事をSNSでシェアすることで、より多くの読者に届けることが重要です。SNSを通じて多くの人々に情報を広めることで、オウンドメディアの価値を高め、集客効果を増やすことができます。

SNS広告

SNS広告は、住宅展示場の情報を効果的に発信し、ターゲット層に直接アプローチできる強力な手段です。例えば、Instagramを利用する場合、写真の質が非常に重要です。適当に撮った写真ではなく、一眼レフカメラで構図やライティングを考えた美しい写真を掲載することで、フォロワーの興味を引きつけることができます。

実際、写真の質を上げたことでフォロワーが増え、「Instagram見ました」という声が展示場の来場者から聞こえるようになった事例もあります。

SNSを始めるにあたって、特別な専門知識は必要ありません。多くの企業がそうであったように、あなたの会社でもすぐにSNSを始めることができます。しかも、SNSの利用自体は無料です。

例えば、ある住宅メーカーでは、紙のチラシを一切廃止し、すべての情報発信をInstagramに集約しました。その結果、広告費を大幅に削減しながら、より多くの来場者を集めることに成功しています。

SNSを活用することで、これまで行っていた紙媒体中心の広告戦略を大きく変えることができます。従来、新築現場見学会に多額の費用をかけても、来場者が少ないという問題がありましたが、SNSを駆使することで、より効率的に集客が可能になります。ブランドイメージの構築にも役立ち、フォロワーが増えることで認知度も高まることも可能です。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果ページに表示される即効性の高い広告です。効果的に活用するためには、いくつかのポイントに注意しましょう。

まず、「地名 住宅展示場」など、ターゲットが検索しそうなキーワードを設定します。これにより、ターゲット層に確実にアプローチできます。

次に、広告文には自社の強みを積極的に盛り込みます。例えば、「天然の無垢材使用」や「低コストで家を建てられる」といった特徴を明記することで、ユーザーの興味を引きやすくなります。

他社との差別化を図ることも重要です。自社ならではの特徴を強調し、他にはない魅力を伝えましょう。また、広告文のタイトルと説明文が重複しないように気をつけ、タイトルにはキーワードやメリット、説明文にはサービスの詳細を含めます。これにより、広告のメッセージが明確になり、ユーザーに伝わりやすくなります。

さらに、過去の実績を広告文に含めることで、信頼性を高めます。例えば、「業界10年のスタッフが対応」や「創業以来1000件の販売実績」といった具体的な数字を盛り込みましょう。


広告のパフォーマンスを定期的にチェックし、予算配分を最適化することが重要です。これにより、費用対効果を高め、リスティング広告の効果を最大限に引き出すことができます。

ポータルサイト

住宅関連のポータルサイトに情報を掲載することで、多くのユーザーにアプローチすることができます。例えば、SUUMOやLIFULL HOME’Sなどのポータルサイトを活用するのが効果的です。

掲載できる情報量には制限がありますが、写真や説明文を工夫して魅力を伝えることが重要です。見込み客に興味を持ってもらうために、魅力的な写真や分かりやすい説明を用意しましょう。

また、ポータルサイトから自社のホームページへ誘導することで、より詳しい情報を提供し、問い合わせや予約につなげることができます。これにより、コンバージョン率を高めることが可能です。ポータルサイトをうまく活用して、広範なユーザーにリーチしましょう。

MEO

MEO(Map Engine Optimization)は、Googleマップでの検索結果で上位表示を目指す施策で、特に地域密着型の集客に効果的です。MEOの大きなメリットの一つは、来店見込みの高いユーザーにアプローチできる点です。

例えば、「地域名+住宅展示場」と検索するユーザーは、その地域で住宅展示場を探している可能性が非常に高いです。つまり、検索した時点で実際に展示場に訪れる意向があるユーザーに対して、MEOは効果的なアプローチ手段となります。

まず、Googleマイビジネスの最適化が基本です。住所、電話番号、営業時間などの正確な基本情報を入力し、写真やレビューを充実させます。写真は施設の外観や内観、展示場の様子などを掲載し、視覚的にユーザーの興味を引きます。

次に、レビューの管理も重要です。ポジティブなレビューを積極的に集めることで、評価を高めることができます。また、ネガティブなレビューには迅速かつ丁寧に対応し、信頼性を維持しましょう。

MEOに取り組むことで、Googleマップでの検索結果に上位表示され、来店見込みの高いユーザーに効果的にアプローチできます。これは、地域内で実際に住宅展示場を訪れようと考えているユーザーに直接働きかけることができるため、非常に大きなメリットとなります。結果として、集客効果が高まり、来場者数の増加が期待できるでしょう。

口コミ

口コミは非常に信頼性の高い集客方法です。お客様の声を活用することで、新たな見込み客を引きつけることができます。

まず、来場者に対して訪問後にレビューを書いてもらうようお願いしましょう。これにより、ポジティブな口コミを増やすことができます。レビューの依頼は、丁寧なフォローアップや感謝の言葉とともに行うと効果的です。

次に、集まった良い口コミをホームページやSNSでシェアしましょう。これによって信頼感が高まり、新しい見込み客が安心して訪問できるようになります。口コミを上手に活用することで、集客効果を大幅に向上させることが可能です。

メールマガジン

メールマガジンは、見込み客に定期的に情報を提供するための効果的な手段です。顧客の興味や行動に基づいてパーソナライズされた内容を配信し、展示場のイベント情報や新しいモデルハウスの紹介、特典情報などを提供します。適切な頻度で配信することで、過剰な送信を避けつつ、継続的に関心を引きつけます。

ポータルサイトからの資料請求では、ユーザーが複数の工務店に一括で資料を請求するため、各工務店の特徴を把握していないことが多いです。そのため、工務店からの連絡に返答がないこともあります。このような場合には、「〇〇より資料請求をいただきました、◯◯です」というお礼メールを送り、その後、自社の魅力を伝えるメルマガを配信しましょう。

自社のウェブサイトからの資料請求では、ユーザーはウェブサイトの内容を詳しく見た上で問い合わせをしているため、見込み度が高いです。この場合もメルマガを使い、来場促進につなげます。資料請求フォームには、土地の有無や家族構成、住宅のイメージなどの項目を盛り込み、ターゲットを絞り込みます。絞り込んだターゲットに合わせたメールを定期的に配信し、ユーザーを育成して最終的な来場を目指しましょう。

また、メルマガを配信する場合はブラストメールのようなメール配信システムを利用しましょう。

メール配信システム「ブラストメール」は、簡単に美しいメールを作成できるHTMLメールエディタや、顧客の属性に基づいたターゲット配信機能があります。メールの開封率やクリック率を詳細に分析でき、迷惑メール対策やエラーアドレスの自動削除機能も備わっています。

低価格でメルマガ配信を始めることができるので、初めての人にもおすすめです。ブラストメールは無料トライアルが可能ですので、まずは実際に試してみるのがよいでしょう。

ブラストメールを無料で試してみる>

住宅展示場の集客を成功させるポイント

住宅展示場の集客を成功させるためには、3つのポイントを押さえる必要があります。以下では、ターゲットを明確にする方法、ターゲットの検索行動を見直す方法、そしてターゲットと接触できる機会や場所を複数作る方法について詳しく説明します。

ターゲットを明確にする

まず、集客の基礎としてターゲットを明確にしましょう。ターゲットとは、自社の住宅展示場に来場してほしい顧客層のことです。これを明確にすることで、広告やコンテンツの方向性を一貫させ、より効果的なメッセージを伝えることができます。

具体的には、ターゲットとなる顧客層の年齢層、ライフスタイル、購買動機などを詳細に分析します。例えば、若いカップル、新婚夫婦、子育て世代、シニア層など、それぞれのニーズに合わせたメッセージを作成します。子育て世代をターゲットとする場合、子どもが遊べるスペースや教育環境に関する情報を強調したコンテンツを提供します。

一方、シニア層をターゲットにする場合は、バリアフリー設計や老後の生活に適した住まいの提案が有効です。

ターゲットの検索方法を見直す

次に、ターゲットがどのように情報を検索しているかを理解し、それに基づいたSEO対策を行うことです。ターゲット層が使用するキーワードや検索エンジンを調査し、その結果に基づいてサイト内のコンテンツを最適化します。

例えば、「地名 住宅展示場」や「地名 新築 見学会」などの地域名を含むキーワードが効果的です。見込み客が求める情報を提供するために、ブログ記事やFAQページ、施工事例などを充実させます。また、地域に密着した情報を提供し、Googleマイビジネスなどを活用して地域検索での上位表示を狙います。

ターゲット層がどのように情報を探しているかを把握し、それに応じたweb対策を講じることで、検索結果で上位に表示される確率が高まります。

ターゲットと接触できる機会や場所を複数作る

さらに、記憶に残るために、ターゲットと接触できる機会や場所を複数作ることです。オンラインとオフラインの両方で接点を増やし、見込み客との関係を築いていきます。オンラインでは、ホームページ、SNS、メールマガジン、広告などを活用し、ターゲットと接点を持ちます。

魅力的で情報が充実したホームページを作成し、見込み客が必要とする情報を提供します。問い合わせフォームや来場予約システムを設置し、コンバージョンを促します。

SNSを活用して、定期的な投稿や広告を通じて展示場の魅力を発信します。メールマガジンでは、展示場のイベント情報や新しいモデルハウスの紹介、特典情報などを定期的に配信します。

オフラインでも、見学会やイベントを開催し、直接ターゲット層と接触します。イベントでは、特典やプレゼントを用意して来場者の興味を引きます。地域に密着したチラシやパンフレットを配布し、展示場の情報を広めます。特に、地元のスーパーや公共施設など、人が集まる場所での配布が効果的です。既存の顧客からの口コミや紹介を通じて、新たな見込み客を獲得します。顧客満足度を高めることで、自然と口コミが広がります。

まとめ

住宅展示場の集客を成功させるためには、ターゲットを明確にし、その検索方法を見直し、複数の接触機会を作ることです。

これらのポイントを押さえることで、効果的な集客が実現し、展示場への来場者を増やすことができます。ターゲット層に合わせた戦略を立て、オンラインとオフラインの両面からアプローチすることで、より多くの見込み客を展示場に引きつけることができるでしょう。

これらの戦略を取り入れて、成功する集客を目指しましょう。

また、今回紹介した中で最も手軽で効果が出やすい費用対効果がよい集客手法はメールマガジンになります。リストさえもっていれば低価格から始めることができ、成果が出やすいです。

まずは本文内でもご紹介した13年連続顧客導入シェアNo.1のブラストメールを無料で試してみてはいかがでしょうか。

ブラストメール公式サイト:https://blastmail.jp/

Gmailガイドライン対応バナー
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Email Rising編集部です。Email Risingではメール配信システムやメールマーケティングについてのお役立ち情報を発信しています

目次