【例文あり】編集後記の書き方や注意点を解説!メルマガでの活用方法とは?

 【例文あり】編集後記の書き方や注意点を解説!メルマガでの活用方法とは? のアイキャッチ画像

企業のメルマガ担当者にとって、メルマガの編集後記は非常に重要な要素です。

編集後記は、読者に対して感謝の気持ちを伝えるだけでなく、裏話や製作秘話・執筆者のパーソナルな情報などを共有することで読者との信頼関係を深める機会でもあります。

今回の記事では、そんな「編集後記」について詳しくご説明いたします。メルマガの編集後記の役割や書き方、効果的な使い方など、さまざまなポイントをお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

それでは、本題へ入る前に、編集後記の重要性と魅力について少しご紹介いたしましょう。

目次

 編集後記とは

編集後記は、企業のメルマガに添付される追加のメッセージやコメントのことを指します。

通常、メルマガの最後に掲載され、読者への感謝の意を伝えたり、内容の補足や裏話を提供したりするために使用されます。

 編集後記の役割

編集後記は、読者とのコミュニケーションを深めるための重要な要素です。

メルマガの内容についての思いや感想を述べたり、読者からのフィードバックに対する返答を行ったりすることで、読者との関係を強化することができます。

また、裏話や補足情報を提供することで、読者に対してメルマガの裏側を垣間見せることもできます。

 編集後記の書き方

編集後記は読者への感謝の意を込めた丁寧な文体で書かれることが一般的です。

具体的な内容としては、メルマガのテーマや内容に対する自身の思いや考え、補足情報や裏話を提供することがあります。

また、読者からのフィードバックへの返答や、読者への質問を投げかけることもあります。読者との対話を意識し、親近感や信頼感を築くような文章を心掛けましょう。

 編集後記の長さ

編集後記の長さは、メルマガの内容や目的、読者の嗜好によって異なります。

一般的には、短めの文章でまとめることが求められますが、読者への感謝や思いをしっかり伝えるために、適度な長さを保つことも重要です。

読者にとって読みやすく、興味を引くような文章になるように心掛けましょう。

編集後記は、メルマガの最後に掲載される追加のメッセージやコメントであり、読者とのコミュニケーションを深めるための重要な要素です。丁寧な文章で読者への感謝の意を伝えたり、裏話や補足情報を提供することで、読者との関係を強化することができます。編集後記の長さや内容は、メルマガのテーマや読者の嗜好に合わせて適切に調整しましょう。

 編集後記の重要性

編集後記は、メルマガの一部ではありますが、読者にとって重要な情報源となっています。

また、メルマガの記事やノウハウだけでなく、メルマガの配信者の個人や会社としての魅力を伝える場にもなります。

そのため、編集後記を通じて読者に対する感謝の気持ちや情報提供だけでなく、パーソナルな情報を提供することは、メルマガ運営において欠かせない要素と言えます。

メルマガの編集後記は、読者とのコミュニケーションを深めるための貴重なツールですので、ぜひ活用してみてください。

セミナーのバナー

 編集後記の内容

編集後記の内容は、メルマガのテーマや内容によって異なりますが、一般的には以下のような情報が盛り込まれることがあります。

 トピックの裏話や補足情報

メルマガで取り上げたトピックに関連する裏話や補足情報を提供します。

これにより、読者は記事だけでは得られない裏側の情報を知ることができ、より深くトピックに関わることができます。

  著者・執筆者の意見や考え

編集者やライター自身の意見や考えを綴ることで、読者との意見交換や議論を促すことができます。

また、自身の専門知識や経験を共有することで、読者への信頼を深めることもできます。

 最新のニュースやトピック

編集後記では、最新のニュースやトピックに関する情報を提供することもあります。

これにより、読者はメルマガだけでなく、編集者やライターが関心を持つトピックについても知ることができます。

 配信者のパーソナルな情報

メルマガによっては「ファン化」が目的となる場合もあります。

しかし、企業やサービス自体をファンになってもらうのはハードルが高く時間もかかります。まずはメルマガの配信者のパーソナルな情報を開示することでファン化を進めるとよいでしょう。

 メルマガにおける編集後記のメリット

ここまでお伝えした役割の部分と内容は重複しますが、改めてメルマガにおける編集後記のメリットをまとめておきます。

  •  メルマガの魅力を高める
  •  人間性や個性をアピール
  •  コミュニケーションの場として活用
  •  信頼感やロイヤリティの向上

それぞれ詳しく解説します。

 メルマガの魅力を高める

編集後記は、メルマガの魅力を高める重要な要素の一つです。

読者はメルマガを通じて企業やブランドとの関係性を築いていますが、編集後記ではその関係性をより深めることができます。

編集者やライターの思いや考えが伝わることで、読者はより一層企業やブランドに興味を持ち、信頼感を抱くことができるでしょう。

 人間性や個性をアピール

編集後記は、編集者やライターの人間性や個性をアピールするための貴重な機会でもあります。

文章だけでなく、独自の視点や感性を活かしたコメントやエピソードを織り交ぜることで、読者に対してオリジナリティを感じさせることができます。

人間性や個性をアピールすることで、読者は編集者やライターに対して親近感を抱き、メルマガに対する関心や愛着が深まることでしょう。

 コミュニケーションの場として活用

編集後記は、読者とのコミュニケーションを図るための有効な場でもあります。

読者からのフィードバックや質問に対して、編集者やライターが直接的な返答をすることで、読者との関係性をより密にすることができます。

また、読者からの意見や要望を取り入れることで、メルマガの改善や進化につなげることも可能です。編集後記を通じたコミュニケーションは、読者参加型のメルマガ作りにおいて重要な役割を果たすでしょう。

 信頼感やロイヤリティの向上

編集後記は、読者に対して信頼感やロイヤリティを向上させる効果もあります。

編集者やライターの情熱や真摯な姿勢が伝わることで、読者は企業やブランドに対してより強い信頼感を抱くようになります。

さらに、定期的に編集後記を掲載することで、読者にとってメルマガが欠かせない存在となり、継続的な関心や参加を促すことができるでしょう。

メルマガの編集後記は、単なる終わりの言葉ではなく、読者とのつながりを深めるための重要な要素です。編集者やライターの思いや考えが読者に伝わることで、メルマガの魅力を高め、読者との関係性を深めることができます。是非、編集後記の活用を検討してみてください。

 編集後記のデメリット

編集後記はメルマガにおいて大切な要素の一つではあるものの、使い方を間違ってしまうと購読解除の原因にもなりかねません。

以下3つのデメリットを理解した上で利用しましょう。

 読者への負担となる可能性がある

編集後記はメルマガの本文や主要な情報に比べて、読者にとっては付加的な情報となります。

そのため、編集後記が長すぎる場合や内容が本文と関係ない場合は、読者にとって負担となる可能性があります。読者の関心やニーズに合わせて適切な長さや内容を考慮する必要があります。

メルマガのパフォーマンスへの影響

編集後記が長すぎたり、内容が本文と関係ない場合、読者はメルマガ自体に対する興味を失う可能性があります。

メルマガの開封率やクリック率などのパフォーマンスが低下することも考えられます。編集後記を効果的に活用し、読者の関心を引き続けるよう配慮する必要があります。

他の重要な情報が埋もれる可能性がある

編集後記がメルマガの主要な情報よりも目立つ場合、読者は編集後記に焦点を当ててしまい、他の重要な情報を見落とす可能性があります。

特に、メルマガの目的や目標に沿った情報が埋もれてしまうと、メルマガの効果が損なわれる可能性もあります。編集後記の役割と目的を明確にし、他の情報とのバランスを考えることが重要です。

以上が、編集後記とはのデメリットです。読者の負担や情報の重複、パフォーマンスへの影響、他の重要な情報の埋もれといった点に注意しながら、編集後記を作成することが求められます。

 編集後記とはの注意点・初心者が気をつけるべきこと

編集後記とは、メルマガやニュースレターの最後に追加される編集者のコメントのことを指します。これは読者への感謝の意を示すだけでなく、編集者の個性や思いを伝える重要なコンテンツとなります。

編集後記を書く際には、以下の点に気をつけることが重要です。

 読者への感謝の表現

編集後記は読者への感謝の気持ちを表す場です。初心者の方は、特に感謝の言葉を織り交ぜながら、読者への感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

自分の個性を出す

編集後記は、読者とのコミュニケーションの一環です。

自分の個性や思いをストレートに伝えることで、読者との共感を生み出すことができます。初心者の方も、自分自身の個性を大切にし、率直な気持ちを伝えるように心がけましょう。

カジュアルな表現を使う

編集後記は、メルマガの最後の部分に位置するため、読者の目が最も集中している部分です。

そのため、堅苦しい表現よりもカジュアルな表現を使うことで、読者との距離感を縮めることができます。初心者の方も、自然な口調で編集後記を書くように心がけましょう。

 要点をまとめる

編集後記は、読者に伝えたいメッセージや配信内容の要点をまとめる場でもあります。

初心者の方は、編集後記の中で重要なポイントを明確に伝えるようにしましょう。読者がスムーズに内容を理解できるよう、要点を整理して伝えることが大切です。

以上が、編集後記とはの注意点・初心者が気をつけるべきことです。初めて編集後記を書く方でも、これらのポイントを意識することで、読者とのつながりを深める魅力的な編集後記を作成することができるでしょう。是非、実践してみてください。

ブラストメールのバナー

 編集後記の例文

ここまで紹介した内容をふまえ、編集後記の例文をいくつか紹介しますので参考にしてください。

週次レポートの感謝と新着情報の紹介

今週も弊社のメルマガをお読みいただき、誠にありがとうございます。皆様のおかげで、弊社のサービスは日々進化し続けることができています。

今週のハイライトは、新たに導入された「〇〇機能」についてのご紹介です。お客様からの貴重なフィードバックを元に、より使いやすく、効果的なツールを提供できるよう努めますので引き続きよろしくお願いいたします。

次回のメルマガでは、業界トレンドに関する特集記事をお届けする予定です。どうぞお楽しみに。それではまた、来週お会いしましょう!

本日もご愛読いただき、ありがとうございました。

メルマガ内容の補足コンテンツを提供

今回のメルマガでは、BtoB業界の最新情報に焦点を当てました。より詳しい内容は以下のリンクからご確認いただけます。

・業界トレンドの予測
・専門家によるインタビュー
・新製品のお知らせ
(ブログ記事リンク等を挿入する)

私たちは価値ある情報を提供することを使命としており、今回のメルマガもその一環です。皆様のビジネスにお役立ていただけることを願っております。

また、何か質問や疑問がございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

次回のメルマガでもお会いしましょう。ありがとうございました。

配信者のパーソナルな情報を提供する

本日のメルマガは営業の〇〇がお届けしました。

私はワインがとっても好きで、先日も1人で飲みに行っていたのですが、たまたまメルマガの読者様と出会い「メルマガ読んでるよ」とお声かけいただき大変嬉しかったです。

週末は新宿や代々木に出没することが多いので見かけた際はぜひお声かけ下さい!(良ければ一緒に飲みましょう)

それでは、次回のメルマガ配信時には、編集後記でおすすめのワインもご紹介させていただきますね。

引き続きよろしくお願いいたします。

メルマガの配信にはメール配信システムを活用する 

大量のメールを時間指定で送りたい場合は、メール配信システムを活用しましょう。

メルマガ配信に必須かつ効率化できる機能を保有していますし、編集後記を書く場合にも活用できる差し込み機能なども活用できます。

メール配信システムとは

メール配信システムとは大量のメールアドレス宛に一斉にメールを配信できるシステムのことです。

メールの大量配信は一般的にスパムメールに似た行為のため、迷惑メールフォルダに入ってしまったり、文字通りメールが届かない可能性があります。

メール配信システムにはこれらを回避するための技術が使われており、安心安全に大量のメールを届けることができます。その特性から、メルマガ配信や社内向けの一斉メール等に活用されています。

シェア1位のメール配信システム「ブラストメール」の活用

ブラストメールのアイキャッチ画像

メール一斉配信やメルマガ配信に最もおすすめのメール配信システムはブラストメールですブラストメールは13年連続顧客導入シェア1位のメール配信システムとなります。

ブラストメールの特徴は、シンプルな操作性と、コストパフォーマンスの高さです。様々な業種や官公庁の導入もあり、定番のメール配信システムと言えるでしょう。

予約配信の機能はもちろん、セグメント(ターゲット)配信や効果測定、HTMLメールエディタなど、基本的な機能は全て揃っており、最も安いプランであれば月額4,000円以下で導入できます。

シンプルかつ安いので、初めてメール配信システムを使ってみたい方にもおすすめです。無料トライアルも可能となっているので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

関連記事:【3分で分かる!】ブラストメールとは?ブラストメールのトライアル期間を使って徹底レビュー

まとめ

編集後記は、読者に対して特別な情報や裏話を提供することで関係を深めることができます。

編集者の視点や経験を通じて、読者に新たな視点や情報を提供することで、メルマガの付加価値を高めることができます。編集後記を通じて、読者とのコミュニケーションを図り、読者の関心を引きつけることが重要となります。編集後記を活用して、メルマガの魅力を高めてください。

また、編集後記の他にもプリヘッダーの設定方法など、メルマガで活用できるテクニックは様々あります。例えば、近年ではこれらを活用したメールマーケティングを実施している企業も増えてきました。

メルマガを活用して売上を上げるためのメールマーケティング手法を知りたい方は、メールマーケティングを支援するメディア「Mail Marketing Lab(メルラボ)」をご覧ください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Email Rising編集部です。Email Risingではメール配信システムやメールマーケティングについてのお役立ち情報を発信しています

目次